打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか、そんなことより・・・

メンヘラの彼女が欲しい人生だった

 

……これが24歳の大人が、アニメとはいえ一般向けの映画を見た感想である。いや、ふざけてないし。寧ろ正直だし真面目だし…

 

ツイッターで酷評されてたからというわけでもなく、単に興味の無かった「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか」を機会があったので見てきた。

5段回評価で表すなら

★★★☆☆

…って感じ。とりあえず見た感想を思いつくまま書いてみる

 

・上映前

ツイッター上では「面白くない」とか「意味不明」とか散々ボロクソ叩かれていたけど、正直僕としては「最近のとりあえずコンテンツを叩く系か自称評論家気取りのオタクかイキリオタクが斜め上から目線でほざいてるだけだろどんだけ感受性の無いオタクなんだ何でもかんでも批判する人生生きてて楽しいか?お?」って感じだった。

(お前の方がイキリオタクじゃんって言わないで!マジで面白いものは面白いしつまらないものはつまらないって言う素直で純情なオタクなんだ僕は)

とりあえずイキリオタクと呼ばれようがなんだろうが真面目な話コンテンツを楽しむ才能はあると思ってるから案外普通に面白いのでは?と思った。実際、上映中5段階満足度が上下したけど最終的に☆3に落ち着いた。良かった部分もあったし面白くない部分もあった。

・本編(以下ネタバレ全開。というか見てないと何言ってるかわからないかも)

序盤は主人公としてありがちな「ごく普通の高校生」島田典道が田舎っぽい街で悪友とふざけあってる日常シーンだった。前情報もネタバレも全く無かったから方向性の見えない日常シーンが体感30分くらい続いたときは正直(この映画、やばいのかも…)って思ってしまった。ただ、思春期で厨二病で皮肉屋の高校生男子描写は卓越で、

「なずな(ヒロイン)の事好きなの?」

「何だよ…。別に。お前は好きなのかよ」

「夏祭り2人で行きたいじゃん?」

「じゃあ告れよ」

「いや、無理だって。振られたらどーすんの」

こんな感じで正直俺らも未だにこんな会話してるかも…って思ってしまった。

 

虹野ゆめ、好きなの?」

「好きだけど、なんだろう…結婚したい相手ではないっていうか…」

「3次元の彼女は?」

「ほしい」

…みたいな。この煮え切らないというかだらしないというか、変に強がってるというか。歯が浮くような、けどリアリティのある会話シーンは良かった。

 

・後半~及川なずな~

日常シーンが終わり、話が進み始めると、僕のNPゲージが黄金律A+の勢いで上昇した。

ヒロイン、及川なずなは再婚を繰り返すダメな親の都合で学校を辞めて引っ越さなければならない状況だった。そのせいか(メンヘラになってしまった)なずなは主人公とその悪友、安曇祐介と水泳で勝負する。「勝ったら何でも言う事聞いてもらう」という条件で。「ん?今何でも???」って興奮していた僕を差し置いて、水泳対決の結果はなずなが勝利する。…で、ここからが問題。勝者のなずなは2着の悪友、安曇祐介に向って放つ、何でも言う事を聞いてもらう条件。

 

なずな「夏祭り、2人で行こう?17時に迎えにいくから」

 

僕(は~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~??????)

え、ナニコレ???リア充???処す???人生で言われたいセリフランキングTOP3に入るじゃん!!!

 

トチ狂って座席のシートに頭ガンガンやりたくなってしまった。でも、展開は意外だった。「主人公がデートに誘われるんじゃないんだ」って。なずなのメンヘラ具合で誰でもいいって感じだったのかもってその時は思ったけど。

突然の出来事にその時は茫然とする安曇祐介は、なんと!!!あろうことか!!!待ち望んでいたなずなとの!!!!デートを!!!!!放り投げてしまう!!

その時、天が割れ、地は死に、数多の魑魅魍魎が世界を埋め尽くし…の勢いで僕は安曇祐介に憤怒した。何?強がり?向こうから来た事で逆に冷めた?男友達の友情も分かるけど今の僕だったら友人全員踏み倒しでもデートに行くぞオラァ!

結果、運が悪いことに、安曇祐介がデートの約束を反故にしてしまったことで、なずなは両親に見つかり、家に無理矢理連れ戻されてしまう。なずはは家出していた。今日だけは思い出を作りたかった。だから夏祭り2人で行きたかった、と。

ここで、主人公、島田典道がぶち切れる。「お前がちゃんと約束を守っていれば…!」

めっちゃ良かった。こういう人間の泥臭い怒りや悲しみのシーンは大好きだ。

 

・後半~クライマックス~

ここで、物語のキーとなる「戻り玉?(もしも玉?)」なるものが発動し、気づけば主人公は水泳対決シーンまでタイムリープしていた。どうやらこの不思議アイテム「戻り玉?」は島田典道の「あの時俺が勝っていたら…」という「もしも」の願望が叶った世界線になる最強アイテムらしい。くれ。

そして、今度は島田典道が安曇祐介に勝利し、同じようにデートに誘われる。ただ、この時はまだ主人公も「友情を取るか、彼女を選ぶか」の間で揺れていた。迷っている間に約束の17時が迫る中、島田典道の家になずながやってくる。この時、安曇祐介も島田典道の家に遊びにきていた。究極の2択を迫られる島田典道。僕も目が離せず胸がキュンキュンしてしまった。女の子からデートに誘われた事なんてないけど。数秒の逡巡、安曇祐介の姿が見えなくなった一瞬の隙を見て、島田典道はなずなを自転車に乗せ、2人乗りで逃走した。但し、その瞬間を安曇祐介に見られてしまった……。

 

自転車で逃走したは良いものの、行く当てのない2人は、なずなの両親に見つかってしまう。なずなは腕を掴まれ、またしても強制的に連れ戻されてしまう。

「助けて、典道くん!!」

必死に助けを求めるなずな。

でも、煮え切らないというかだらしない、ただの高校生典道は大人2人の前に声を上げる事すらできず、目を瞑って耳を塞いでしまう。せめてもの抵抗でがむしゃらに両親に掴みかかるが、グーパンで返り打ちにされてしまい、惨めたらしく一人になってしまった。

このシーンがとてもよかった。主人公だからって、強くないのだ。大人は怖いし力には勝てない。たった一人の女の子さえ救う事も出来ない。その姿が、とても人間らしい。

 

安曇祐介と再会するも、当然駆け落ちシーンを目撃されてしまったので険悪モード。この世界は何か違う…。そして主人公は決意する。「なずなを取り返す」と。

再び「戻り玉?」を使ってなずなとの逃走シーンまでタイムリープする…。

 

ここまでが、自分の中でNPゲージオーバーチャージってくらいテンション上がったが、その後、無事になずなと逃走劇を果たすシーンはなんていうか、ベタというか、雰囲気と映像表現の力任せって感じで徐々に冷めていった。シュタインズゲートのように、0.001パーセントの「未来」を求めてひたすら奮闘する~みたいな展開を期待していたが、そういう趣旨ではなかったらしい。結局、肝心の「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか」の真の意味や作品のメッセージ性みたいなものは理解できないまま、EDになってしまった。

 

・終わりに

全体的に社会テーマとか言うよりは、芸術作品というか「自身で行間を読んで解釈する」映画だった。それ自体は好きだし、後で考察サイト見よってくらいには面白かったし、「自分が理解できないからつまらない」は違うだろって思ってるけど、やっぱりもやっとしたのも事実だった。

色々考えているうちに、「メンヘラの彼女が欲しい人生だった」とか「広瀬すずの声がえっちだった」とか「彼女と二人で見たら評価☆5だった」とか限界オタクの感想に集約してしまった。

 

とりあえず、最近はというか映画は基本ぼっちで見ていたからこそ、誰かと一緒に見て、感想を想いのまま語るってのは最高に楽しかった。今日は世間で言うところのプレミアムフライデーだったけど、まさしくプレミアムなフライデーになり、充実した。

 

とりあえず今日はこの辺で。書くのが疲れてしまった。こう、最初は勢い良くて後半投げやりになるのやめたい。

後一緒に映画を見てくれる彼女が欲しい。以上。。。

 

 

 

…欲望にまみれすぎだな、最近。

誕生日と湧かない気持ちとこれから

誕生日を迎えました。(#^.^#)

24歳、学生です……って言いたい人生だった…

 

正直、気持ちとしては人生の中で一番「気持ちの湧かない」誕生日だった。自分で言っている内は大丈夫なのかもしれないけど、ここ最近自分の精神状態がおかしい…。良くない方向に。少なくとも社会人1年目の時と比べて明らか鬱になっている。はて、なんでこんな事に…。

 

当然というか、原因としてまずは真っ先に仕事が思いつく。(因みにSEです)本気で嫌な事何度もあったし、今も肩の荷が降りない事があって、物理的に肩こりが深刻な状態になっている。

(まだ2年目だけど確実に「天職」ではない事くらいは分かる…もっと自分に合っている仕事はある筈だ……狭い世界に留まるな…)

ただ、仕事が100%今の「気持ちが湧かない」原因じゃないし、仕事への想いは別テーマで改めて書きたい。とりあえず他に思いつく事を書き連ねてみる。

 

自分は趣味さえ充実していればイキれるチョロイ人間だから、第2の原因はそれである。今更ながら、自分は明日の夏コミ3日目「東きー34b」で「天王洲アイルお嬢様合同本」に参加させてもらってる。ただでさえ仕事で「描きたい」気持ちを抑え続けるってストレスの溜まる生活を送っていたから、こういうイベントでこそ自分の「真価」を発揮しなければならない。……筈だったんだけど。結論を言うと、

自分でもサイテーって言うレベルの妥協した絵しか提出出来なくて死にたくなりました。

勘違いしてもらいたくないから言うけど、自分は大層な絵師でもないし驕っているわけではない……。あくまで自己満足の範囲内で、自分にとって許せないレベルで終わってしまったって事実が一番心にきた。

まず、スケジュールが破綻していた。さらに、それから目を逸らしていた。「描きたい」ってモチベ「だけ」しかなかった。去年の冬コミにサークル参加した時はまだ一応スケジュールに沿って描いてたし、仕事も定時で帰れたから回すことが出来ていた。でも今回は何の見積もりもしなかった。「徹夜すれば、その気になれば1日で描けるだろう」って、驕っていたのは画力じゃなくて自己管理能力だった。結果、無計画甚だしい、提出二日前に二日間とも避けられない旅行が入れてしまって、主催者に期限を延ばしてもらった挙句、「激!眠眠打破(500円)」やモンスターにレッドブルに缶コーヒーにその他よく分からない液体にアホみたいに金使った挙句、眠い目をこすって明日も仕事あるのに体力削って健康を害して、日に日に部屋がゴミ屋敷みたいになって毎日外食して廃人みたいな生活を続けて得たものが「大したことのない落書き」だけって事に気づいちゃって、思わず涙が出た。

そんなに徹夜してたのに終わらなかったのはなぜ?って声が聞こえてきそうだけど、それは多分仕事の影響もあると思う。とにかく、今絶賛胃が痛くなるような日々が続いてて、「不安で寝れない」状態から「考えたくないから何しても寝れる」って状態になってしまった。眠くなる前にエナドリカフェインコンボ決めでも1時間後には寝てしまっている。ゴミだらけの床でも寝れるしエアコンつけなくても寝れるし湯船の中でも寝れる…。早くなんとかなってくれ…。

話が逸れてしまった。

そして、その辺りから自分の気持ちが変だって事に気づいて、さっきから言っている「気持ちが湧かない」って現象が起きている。例えるなら、今まではSHINING LINE*やスタートライン!を聴くと世界が明るくなって未知数の向こう側の本当の自分を夢見てたって感じだけど、最近は聴いても靄がかかったようで、何も見えない……。

友人や他人の絵を見ると「負けられない、自分も」ってなるけど、そういう気持ちが最近湧かない……。元々マイナス思考がちだったから、大学四年から本気で意識を変えてなんでもポジティブ思考にしようと努めて、1年くらいは成功したように思えてたけど、また元に戻ってしまった……。さらに健康状態も著しく悪くなった。寝ても疲労度が取れない。朝起きた時の体力が最大値の40%位しかない感じ。肩こりが激しくて気力が湧かない。なんとかしようと思うけど、思うだけで行動に移せない…。

 

トチ狂って渋谷の占い喫茶なるものに行ったことがあって「あなたは今年は反省の年」って言われた事を思い出す。僕は寧ろ本当だったらいいなと思ってしまった。だって、それって「今年を過ぎれば良くなるんでしょ?」って。

 

さて、か~なり暗い感じで愚痴っぽく書いてしまって、もし見てくれている人がいるなら本当に見苦しくて申し訳ない。絵に関しては完璧に自業自得なのに。

だけど。

自分に問いかけてみる。今書きながらも問いかけてみる。

 

「本当にこのままでいいのかって」

 

いや、いやいや。多分、絶対、それはない。趣味も生産性も生きがいもなく本当に惰性で一生を終えるくらいなら今すぐ死んでやる。

まだこうして文章に起こせるあたり、まだ完全に病んではいないし、死んでない。

 

折角誕生日で自分REST@RT出来る記念日だ。生まれ変わろう、自分。

そういや、吉祥寺のスタ丼屋にめっちゃ心にくる格言が貼ってあった。完璧には覚えてないけど、確かこんな感じ。

「過去に戻って人生をやり直したいと思っているのだろう。でも、10年後の自分が人生をやり直す為に今戻ってきたんだよ」

 

とりあえずは絵を描こう。誕生日予定なくてつらいとか言ってる場合じゃない。

 

頑張る理由なんて山ほどあるでしょ?(スタージェットfromアイカツスターズ

 

頑張れ、自分。

 

 

 

……アイカツスターズが63話で止まっている。これも鬱の原因の一つなら、見るしかないのでは?

 

 

Grand Order 完了です…!(ネタバレ全開注意)

 

f:id:kanatawave:20170806184615p:plain

8/5 0:00頃 僕の人理焼却を巡る最後の戦いが始まった…。

 

ソシャゲのレベルを遥かに超えた、墓まで持っていきたい、やって良かったと心から思えたゲーム、それがFGOでした。ラストバトルまでの感想、率直な想いを忘れない内に書き殴ります…!

 

・全員集結

・マシュVSゲーティア

・最終決戦

 

・全員集結

RPGのお約束とも言える、ラスボス前の「今までの仲間全員集結」や「過去の激戦の振り返り」演出が大好きで、終章は満足度指数500%オーバーチャージだった。FGOは「たかがソシャゲ」なんて言わせない、「確かな感動」を与えてくれるゲームだった。

主人公達のピンチにジャンヌが先陣を切って、「今は互いに背中を預けよ!」と鼓舞するセリフが力強くてカッコよくて。各章の戦闘毎に懐かしい面々が認めあったり罵りあったり、想い想いの掛け合いするのゾクゾクする…。自分は最近になって急いでストーリーを進めたけど、リリース当時からやってた人は、この全員集結がどれだけ待ち遠しく、懐かしく、熱かった事だろうと思うと、やっぱりちょっと悔やまれる。2部はリアルタイムで盛り上がろうな!

f:id:kanatawave:20170806185509p:plain

f:id:kanatawave:20170806185511p:plain

f:id:kanatawave:20170806185512p:plain

↑自慢の神性特攻が効かなくて首をかしげるノッブに笑った。

f:id:kanatawave:20170806185730p:plain

↑僕の初めての☆5、クレオパトラも!早くイベント参加や幕間の物語追加まだかな。

各章毎の魔人柱戦のBGMが、各章のステージBGMの神アレンジで、戦闘も大いに盛り上がった。ここに来てFGOのBGM良すぎだろって思った。この戦闘曲、CD化されてるのかな…。

・マシュVSゲーティア

そして本題。ラスボスがソロモンで終わるわけないとは薄々思っていた。「こいつ、絶対変身する…!」例えばFF4のゼロムスのように、一体どれだけの怪物に変身?するんだろうと現れたのは…。

f:id:kanatawave:20170806190911p:plain

良いッ!

このぐちゃぐちゃのドッシリ構えたラスボス感!こういうのだよこういうの!RPGと言えど、たまに奇を衒ってラスボスがひょろかったり子供だったり妙にこじんまりしてるやつがあって、「迫力ないんですけど…」って感じて拍子抜けするから若干ひやひやしていた。

(実際の戦闘はあれ、なんか小さくね?って思ったたけど)

そして無慈悲にも戦闘始まる前から主人公を殺すべく容赦なく宝具ぶっ放すゲーティアと、悟った表情で宝具を全力展開するマシュ。力と力、想いと想いの一対一のぶつかり合い。さっさとバトルに進めずにじっくりと宝具演出で再現してくれるってほんともう…。(最高すぎて布団の上で悶えてたオタク)

でも、ネタバレ受けてない僕は嫌な予感がした。地球上にそれを上回る熱量は無いといわれた究極宝具。これいよいよまずくね…?ラスボスに違わぬ、スケールの違い過ぎる一撃に、「今は遥か理想の城」はあまりにもちっぽけに見えて…。

f:id:kanatawave:20170806192023p:plain

f:id:kanatawave:20170806192052p:plain

あああああああああああああああああああああああああああ!!

叫んだ。心の中でめっちゃ叫んだ。獣の如く叫びながら攻撃に耐えるマシュがかっこよすぎて。シールダーだけど、「今まで私は守られてばかりだった」「今度こそ先輩のお役に立ちたい…!」と、肉体すら消滅しても決して折れない心に泣いた。個人的に終章で一番感動したシーンだった。

(6章のニトクリスもそうだけど、無我夢中でカッコいいとこもってく君たちずるいよ…)

・最終決戦

深夜2時を越えたけどテンションが高まりすぎて、正直無心でラストバトルやってた。結論を言うと朝の5時までかかった。レベルを上げすぎてあっさり勝っちゃった。なんて拍子抜けた事はなく、初めてFF4をやった時のような少年時代の感覚が蘇ってきてその時ばかりはほかの事は一切忘れてた。最高の休日徹夜だった。

終戦、やっぱり思い入れのあるパーティで勝ちたかった。いくら強くたって、思い入れの無いキャラで楽にボスを倒して、一体何の感動があるのか。僕は戦略度外視でパーティを組み、(マリー/クレオパトラ/ナイチンゲール/諸葛孔明/アルトリアオルタ)

f:id:kanatawave:20170806194200p:plain

f:id:kanatawave:20170806194233p:plain

負けました。

「は?」「え?」1ターン目からあのビーム何?あの威力何?そっかーこれは負けイベだ!…と思ったけど当然ような顔して出てくる「コンティニューしますか?」

でも戦闘を続けて分かった。1ターン目の馬鹿みたいな(逆に設定通りですごいんだけど)破壊光線は1ターンのみ。対宝具&クリティカルバフもそのうち消える!これは令呪1回は前提の凝ったラストバトルだ。憎いね~~~

ぶっ殺す!!!!!

マシュのためにも。ここから、真夜中の対ゲーティア3時間バトルが始まった。だが…。いでよ!序盤から終盤まで助けてくれた至高のMyFavoriteアイドル達よ!!

f:id:kanatawave:20170806195110p:plain

(最初の2人は1ターン目で倒れ、ガッツで生き残ったエリちゃんが防御デバフと攻撃バフでマリーとクレオパトラに繋げる…。後から聞いた話、ゲーティアの破壊光線は宝具封印、あるいはスタンをかければ回避出来たそうな。最後まで気づかなかった…)

f:id:kanatawave:20170806195653p:plain

f:id:kanatawave:20170806195756p:plain

でも…。

何度目か分からない挑戦だけど、それでもマリーを抜きたくなかった。FGOはどんな鯖でも活躍出来るって聞いてたし、実際その通りだし、絆レベル補正とか度外視してもやっぱり思い入れのあるキャラで勝ちたかったんだ…。

AM5時位。ついに…。

f:id:kanatawave:20170806200200p:plain

f:id:kanatawave:20170806200309p:plain

f:id:kanatawave:20170806200630p:plain

 

決めてくれ!マリーーーーーーーー!!!!

 

f:id:kanatawave:20170806200516p:plain

f:id:kanatawave:20170806200553p:plain

これ、映画か・・・?

意図せず、最高のメンバーで最高の決着で勝利を飾る事が出来た。マリーの残りHPは671。惜しんで聖杯やフォウくんを使わなかったら負けていた。お気に入りのサーヴァントを大切にする選択は間違ってなかったんだって。感極まって何も言えなくなったし、この後風呂入って湯銭の中で寝落ちした。

結局戦闘自体は効率とかあったもんじゃなく、見る人によっては何してんだコイツって思うかもしれないけど、ゲームは楽しむ事が第一だし、基本的に楽しむ、のめり込む事が得意な自分はプレイヤーとしてもマスターとしても100点満点だったと思う。

楽しんだもん勝ちってね。

 

本当に、冬木からずっとずっとありがとう、マリー・アントワネット・・・!

 
・終わりに

8/5 AM11:00

f:id:kanatawave:20170806201809p:plain

ゲーティア戦、まだあったのか!!

ただ、この1戦も自分の中では思い入れの深いシーンだった。物語のラスボスって話が壮大になればなるほど主人公と敵対する理由が「なんか深い事言ってるけど正直よくわかんない」って感じになりがちだけど、この時のゲーティアはラスボスとか以前に人間味があって印象に残った。

f:id:kanatawave:20170806202059p:plain

主人公を殺そうが、勝とうが負けようが、ゲーティアの敗北は変わらない。最早戦う必要が無い。意味が無い。「だが――」。

どうにもならないんだろう。この感情は。自分を止められないのだ。理屈も論理も筋書きもない。でも戦う。

そんな人間ドラマが、FGOに関わらず僕はたまらん好きだった。

f:id:kanatawave:20170806202701p:plain

 

感動をありがとう!!

激アツの7章からノンストップで一気にクリアしたけど、本当に熱い戦いと感動の、英霊以前の人間ドラマがこのEDを最高にしてくれた。積み重ね故の感動だと思う。fateってブランドの本気と熱意を感じた。今までfateってなんか古参のファンが多い作品って感じて敬遠してたけど、突っ込んでみるべきですねこの深い沼(笑)

f:id:kanatawave:20170806203354p:plain

↑タイトル画面もバージョンアップ。まだまだ続くぞやったね!

総じて、なんか自分のソシャゲ論にも甚大な影響を与えたFGO、ほんとは肝心のマシュについても色々語りたかったけど、そろそろ3000字を越えて疲れてしまった。

今回はこの辺りで。色々好き勝手書き散らしたけど、これを1年後、3年後と振り返った時に、「あの時間は、あの思い出は無駄ではなかったんだ」と、そう思えたらこのブログは意味があったって思えるなって…。

 

f:id:kanatawave:20170806203844p:plain

 

マシュだけじゃなくて自分も生きる意味を考え始める今日この頃、俺もなんとか、なんとか人生を前に進めなければ…。

 

FGO7章 最高でした

・はじめに
去年の11月、友人にFGO勧められた時はまさかこんなに心揺さぶるほど面白いとは思わなかった。テンションが高まってる内に、余韻に浸っている内にこの気持ちを書き殴りたい。尚、常々申し上げておりますが、半分自己満足と勢いで書いてるので文章が滅茶苦茶な時があります。ご了承ください。
・絶対魔獣戦線 バビロニア
皆大好き、ギル様が特異点の中心人物であるストーリー。章毎に苛烈さを増してくFGOだけど、最初からクライマックスみたいな勢いだった。大雑把に要約すると迫りくる魔獣から町を守れ!ってスタンスだけど、圧倒的戦力差の中で奮闘するギルガメッシュ陣営と女神VSティアマトとの闘いは、「まだあるのか!まだ倒せないのか!」って感じのどんでん返しの連続で、止まる事が出来ずに最後の方は5時間くらいぶっ続けでプレイしていた。良い休日の過ごし方だった。6章がドラマ的楽しさなら、7章はドキュメンタリー的な楽しさだった。
…章の最初から振り返るとありえん長さになるのでいきなりクライマックスから書く
・クライマックス~ティアマト出現~
FGOのネタバレ全くと言っていいほど食らってなかったからこそ、「超・ラスボス」って感じのティアマトは現れただけでめっちゃ興奮した。グラブルだと1ターンキルだけどね)
そして、ラフムと黒い海に覆われていく世界…。

f:id:kanatawave:20170730144017p:plain

f:id:kanatawave:20170730231223p:plain

f:id:kanatawave:20170730231302p:plain
この絶望感ウルク・・・!ウルーーーーク!!!ってどこかの金色のガ●●●で叫んでそうな風の呪文を唱えつつ、先へ。
FGOのステージが状況に応じて変化していくのすごく凝ってて好き。

三女神やアナ(ゴルゴーン)があの手この手を尽くしてなんとか、なんとかティアマトを止めようとするんだけど歯が立たず、マシュだけでなく自分も戦意が失せるよこれ…。

f:id:kanatawave:20170730232007p:plain

↑そして私の綺麗なだけの花…。いや、めっちゃ助かりました回復4000…。

本当に本当に色んなキャラの色んな力で協力していってる感じ堪らん…。まさかこのキャラが絡むワケないだろ…ってくらい、個性が強い一人一人が最後に集結する群像劇…ほんとに御馳走さまです。めっちゃおいしいです。ありがとうございます。

・ラストバトル

そして、主人公たちの尽力により生き残ったウルク市民500人も、とうとう8人になり、ついにはギル様1人に…。zeroのギル様が個人的に一番印象にあるから、絶対的な差の前に寧ろ飄々としている今回のギル様を見てるとほんとにつらい…。しかも、「あの」ギル様がティアマトのビーム攻撃から主人公をかばい…。

f:id:kanatawave:20170730232939p:plain

うわああああああああああああああ!!

打ってくれ、王の号砲打ってくれ!!!(もう打ったわボケbyギルガメッシュ

惚れた。完全に惚れた。カッコよすぎるなんだよこれ反則だろ…。まさしくウルクに最後、仁王立ちするギル様が絵になりすぎてて…。周囲の大量のラフムに微塵も意に介さない所もほんとに素敵。

(僕もこんな絵を描けるように頑張ろう)

でも最後は奮闘するが及ばず、ティアマトにやられてしまう。文章描写では直接描かれなかった。見たいような見たくないような見たいような…。

ぜってええええティアマト倒すぞオラァ!って気概でVSティアマト戦

f:id:kanatawave:20170730234008p:plain

 

f:id:kanatawave:20170730234044p:plain

f:id:kanatawave:20170730234110p:plain

終戦はFFを思わせる、巨大な敵を部分部分で倒していくスタイルで、これまたテンション上がった。

ナイチンゲールが!マシュが!マリーが!皆が宝具をぶっ放し、皆長い付き合いのメンツだから1戦闘だけでドラマになっててもう…。そして、やはりくると思った「英雄王ギルガメッシュ」。あの傲慢な王様がこれ程カッコいいとは思わなかった。セリフもストーリーに合わせてくれてて臨場感もアップ。本戦では実は真っ先に落ちたけど、「手柄をくれてやろう」って感じで後退したんだ勝手に妄想してました。トドメはナイチンゲールのバスター。実際に7章にナイチンゲールがいたらあまりの悲惨さに、無情さに本気でブチ切れてたと思う…。

・終わりに

f:id:kanatawave:20170730234942p:plain

 

とにかく!めちゃくちゃ楽しい!!

冒頭でも述べたけど、ここまで面白いって本当に思わなかった。ゲームをやるやらないは人の勝手だけど、もしちょっとでも興味あるなら絶対FGOのストーリーだけは読んでほしい。絶対後悔なんて無いし、やってよかったって心の底から思う。最終戦を前に、自分もなぜ2016年12月にやっていなかったんだろうって凄く後悔してる。

(絶対最終章泣く自信がある…。)

とりあえずこんな感じだろうか。自分があの時の感動を忘れたくないが為だけに書き散らしたけど、途中から一目を気にした書き方になってたような気がして、やっぱもっと自己満足度アップで次から書いてこうと思いました。

明日仕事か…。

 

 

とりあえず今日はここまで。のんびりじっくりと、ソロモンで戦ってきます。

 

 

マリー可愛いよマリー。

 

河口湖に行ってきた

・きっかけ

・BBQ

鳴沢氷穴

・樹海

・終わり

 

 ●きっかけ

始まりは禁断のダブルブッキングだった。

去年、会社の気の合うメンツと集まって富士山に登った。その繋がりで今年も出かける事になったのだが、仕事とか色々忙しくて日程を確認せずポチポチLINEを返していた。

結果。

・7/22 7/23 河口湖&BBQ

・7/23 夏コミ 合同本原稿提出締切日

・7/24 仕事

・・・・・・俺ってリア充

 

(なれるものなら、なりたかった・・・・)

実際、原稿の進捗が15%未満位で目は血走っていた・・・ような気がする

 

行ってきたのはもう一週間も前だけど、案の定記憶が薄れてきて「何か楽しかった」以外の感想が無くなってきてしまっている。せっかくリア充らしいことをしたのだ。自分に蓄積していかなくてどうする。…というわけで行ってきた場所をメモ程度に。あんまり旅レポとか上手くできる自信無いしな。アイカツスターズ実況なら自信あるけど多分見た人俺の事ブロックする自信がある。

 ●BBQ

 ログハウスを借りて外でBBQ。晴れてたら真正面に富士山が見える。ビール片手に談笑しながら肉を食らいつくす…。最高だ。(原稿終わってない事以外)最高だ…!

(この後全てを忘れるかのようにビールを飲みまくり、BBQの最中に潰れた)

 BBQとなるといつも迷うのが食材。意外と難しくて、適当に選ぶと後で「あれが足りなかった」「多すぎた」なんてことが良くある。BBQ経験無い俺がお勧めしたいファインプレーした食材はマシュマロだった。今まで焼きマシュマロを食べたことが無く、「砂糖の味がするだけじゃね?」と思ってた。けど半信半疑で串に刺して焼いてみたところ、めちゃくちゃうまい。外はカリカリ、中はふわふわ~のよくある謳い文句だけどほんとにうまい。マシュマロ本来の味もしっかりする。BBQって肉とか野菜しか基本無いからこそ、マシュマロの甘さが口直しやちょっと一息って感じでめっちゃ役立った。今度機会あったら絶対忘れないようにしよう。

(マシュマロ…焼きマシュマロってなんかエロくね?…焼きマシュマロ…焼きマシュマロ虹野ゆめ… )

酔って完全に潰れた後、何をトチ狂ったか、部屋で恋ダンスの練習をしていた…。誰が一番上手く踊れるか~みたいなやつである。とりあえず初見でやってみたけど、逃げ恥見てるのとそうじゃないのはやっぱり差がつく。リア充はやっぱりオタクに対して属性相性が良い。くそ、せめてアイカツだったら…。疲れたし諦めようかと思ったとき、後輩オタクの一言。

「先輩、そんなんじゃアイドルになれませんよ」

我再起。絶対手中完璧恋踊。

誰がなんと言おうと心の中でアイドルを目指してる俺にその言葉はホント効く。

その後、酒が抜けきらないまま無我夢中で練習し、(ようつべの反転低速練習用動画を参考にした)結果、踊ったメンツのなかでは一番まともだったらしい。低速でもめちゃんこ難しかったけどね。楽しかったよ!気付けば恋するフォーチュンクッキーも踊ってて、疲れ果てて35話のゆめちゃんの如く意識を失った。

 

(次はPOPCORN DREAMINGかスタートラインかな…)

 

真面目な話、ダンスめちゃくちゃ楽しい。大学の時ダンスサークル(笑)とか言ってた自分がほんと恥ずかしい。ダンスを仕事にしたい人生だった…。

 

 ●鳴沢氷穴

鳴沢氷穴 | 富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴 | 富士山・河口湖 洞窟 観光スポット

 端的に言うと鍾乳洞みたいな感じ。氷柱の代わりにレンガ状の氷が洞窟の中に沢山ある。どうやら昔の人が天然の冷蔵庫代わりとして使ってたらしい。オタクだけどたまに出かけた時しか味わえない非日常大好きマンにとってはこのダンジョン感が堪らなく楽しかった。しかも真夏なのにとても涼しい。ってか寒い。暗くて写真を上手く撮れなかったのが残念だった。後短い。(距離が)

 ●樹海

鳴沢氷穴とかその辺り、どうやらあの有名な樹海ってやつがすぐ側にある。カナタWAVEは大変樹海に興味ある。(自殺したいわけではない。…そんなわけでは…)

元々樹海とか心霊スポットとか地図に無い村とか、そういうのめちゃくちゃ興味あって、よく深夜にネットサーフィンしてる。怖いの嫌いだしひとりで樹海とか絶対無理だけど怖いもの見たさってやつ。

実際中に入る事は無かったけど、なんとなく普通の森とは違う感じがした。最近は分からんけど、やっぱり自殺の名所ってのは事実で、「樹海のおとしもの」なんてサイト見るとやべーよやべーよってなる。(閲覧注意)やっぱり迷ったら出られないんだろうか。(実際はコンパスも効くらしいし、道に沿っていれば迷う事は無いらしいんだけど、人が整備したところから外れるからこそ神秘性が満ちて迷うんだなって…)

(間違ってもスーツ着て出勤したところが職場じゃなくて樹海だったってことにはなりたくない…。)

 

 ●終わりに

次の日(日曜日)にはゆっくりと温泉入ったり、ほうとう食べたりしてそれまた出来れば書き残したいんだけど、ちょっと疲れた。1記事につき2000字が限界な気がする。

とにかく、旅行は楽しいし、自分の人生のタスクに「都道府県全制覇する」って加えよう。

 

 

 

・・・旅行後、原稿が終わらずに仕事が始まり、精神的にも肉体的にも追いつめられるのであった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芸能人はカードが命!13

3連休の2日目、楽しみにしていた芸カ!がやって参りました。

アイドルたる私、堂々参戦!皆お待たせ!!きらりん☆…の筈が、遅刻。

一緒に行く筈だった友人達は朝から作戦会議をしていたらしい。寝落ちして色々やるべきことが全く終わってない自分は申し訳ねえと思いながら部屋の片づけを……、いやアイカツスターズ61、62話を見ていた……。(さっさと行けよ)アニメの感想もまたどこかで。きららあざといカワ(・∀・)イイ!!ゆめちゃんえっちハッピー☆パンチ!

 

話が逸れるが、最近こと休日の遊びに関して高確率で遅刻している。勿論、前日には当日のシミュレートをして無駄の無い完璧な計画を立てているのだが、なぜか遅刻する。我思う。

社会不適合者なのか、自分。

仕事に毎日遅刻しているわけじゃないから単に意識の問題だと思うけど、マジで治さなきゃならないし、人の信頼を悉くぶち壊してるのが一番心にくる。いやほんと申し訳ない。以後気を付けます……。

・会場前

気温はたぶん30度超えてた。日本最近マジ生活に適してない気候なんじゃないの?って思うくらいうだるような暑さの中、アイドルの自分は、ぼっちで寂しく炎天下の中突っ立っていた。いや並んでたんだけど。

炎天下 オタク オタクファッション 大量 ぼっち 汗 

字面だけでもどれだけ悲惨な様子だったかお分かりいただけただろうか。2次元の女の子のちょっとえっちな本を求めてオタク共が炎天下の中ひしめき合っているのである!

マジオタクキモ……って思いながらも当然自分もその一人として見られてるわけで。

他人を批判すると自己嫌悪に陥るだけだよ、とアドバイス

結局45分くらい直射日光にさらされ続け、努力してきた白くてつるつるなお肌が一瞬で黒く焼けオタクの肌になってしまい、下を向きながら黙々とイヤホンをしてFGOをやっていた。あれ、なんか涙出てきた。ちなみに友人達はちょっと前の列にいた。なんだか楽しそう。それに比べて俺は……。(これ以上はつらいのでやめよう)

・会場

会場に入った瞬間、この手のイベントだと見慣れた風景が。「走らないで!!」

一方の僕は朝取り急ぎ確認したお目当てリストを確認しつつ、のんびりとすばゆめコーナーへ。カナタWAVEは虹野ゆめが好きである。さらにすばゆめに目が無い。早く付き合って。

すばゆめ好きな人って女性が多いイメージだしやっぱ自分性別間違えてるよなー。実は女の子として生まれる筈だったんじゃねとか思いながら最初に買った本。

瀬名スミR18

いやいやすばゆめどこ行ったんだよ……。でもNTRもえっちぃのも好きなの。しょうがないね。

・会場(一時間後)

元々お目当てが少なかったのと人気サークルが少なかった分、1時間程で目当て本+新規発掘が完了し、そろそろ友人共と合流すっかーなどと思い始めた頃、改めて会場を見渡す。なんていうか、楽しさの中に急に焦燥感が襲ってきた。

個人的に、同人イベに参加する理由は単に買い物だけじゃなく、絵描きの端くれとしてモチベを上げる為に来ているってのも大きい。そして、ふと思っちゃうんだよね。

ほんと、絵師ってアイドルなんだわ。女の子も野郎も。

自分の想いを、想像力を形にして人の心に感動を与えている。自分の爪痕を他人の人生に残している……。どっからどう見てもアイドルじゃん。なにこれ。

そしてそれはまさしく自分の生きている理由、頑張ろうと思える理由、絵を描いてる理由ってわけで。だけど沢山のアイドル(絵師)がきらきら輝いてるから一方、逆に自分には影が差すわけで。

何してんだ、俺……?

24年も生きてきて、絵だって5年も描き続けてきて、アイカツ見て「なりたいだけじゃダメだ」とか「後悔なんて似合わない」とか言いながら何してんだ、俺。

お前だってそろそろ向こう側に居たっていいはずだろう?

会社でもパっとしないし好きなことでもパッとしない俺の人生ってなんだこれ??

……やめよう。ほんとにやめよう。マイナス面の事書いてると本当に人生がマイナスになる。言霊とか信じてるんだ俺は。

最高の形で同人デビュー決めた友人を労いつつも「次こそ自分も…!」と決意新たに今回の芸カは幕を閉じた。せめてもの一矢報いたとして、ゲストにゆめロラを、絵描き仲間の友人と共同で描いた。ゲストといえど本気で描いたし感情をゆめちゃんに込めた。「絶対に行こう、STARDOM……!」

・その後、あふたー

その後、アイカツオタクの友人達と飲み、徹夜カラオケでそれは最高に楽しかったし色々詳細に書きたいんだけどちょっと疲れた。ブログって以外と疲れるんだな。

とにかく、今回の芸カを機に、目が覚めたというか、社畜に呑まれてる場合じゃない、アイドルになりたければ、自分で掴むしかないと感じた。

「夢は見るものじゃない。叶えるものだよ」

アイカツスターズOPのこの歌詞。これはオタクが生半可に「尊い……」とか言っていいもんじゃない。本当にこの歌詞を魂に刻み込んでいるかどうかが問題なのだ。

 

・終わりに

明日からまたお仕事な為、今日はこの辺で。身内ばかりだけど思ったより反応があって嬉しい。明日からも頑張ろう。

 

 

ここが、俺のスタートライン……!

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介とこれから

初めまして。(いや、これを見ている大半は身内である可能性が高いな…)

カナタWAVE

と申します。IT企業で社畜をしながらも人生のSTARDOMを目指してイラストを描いています。最近の趣味はイラストとゲームと映画と登山。(2次元大好きだけど意外とアクティブ、みたいな…)まあオタクって世間的に言われてるそれです。

あまり外向きな発言してると書いてて自分じゃ無いような気がするので簡潔に書きます。

なぜ唐突にブログ?

以下、理由をざっくり箇条書きしてみた。

(1)自分の想いを発信する場が欲しかった。

(2)楽しかったこと、経験を備忘録として残したかった

 

(1)→twitterを5年ほどやっているが、どうにも長々と感想を書こうとすると深刻なボキャ貧が露わになる。「すごい」「やばい」「最高」しか言えない。オタクにありがちな現象だ。(自分は国語の教員免許持っているんだが…。ま、今は教師ではないし)

頑張って捻った文章書こうとすると「俺が一番●●についてよく理解してる」みたいなメタ発言が透けて見える気がして自己嫌悪に陥ってしまうのだ。他人のそういうツイートもそう見えてしまうわけで…。ま、この辺の自他含めてtwitterが自慢大会めいて嫌気が差してるからtwitterであんま呟きたくないってのがあるけどそれについてはまたどこかで。

つまり、見てくれる人だけが見てくれればいい、落ち着いて語れる場所が欲しかったってワケ。(↑ほんとに国語の教員免許持ってるのか疑われるレベル。知らん。シュワワ)

 

(2)→自分は思慮深いオタクだと思っている。(唐突にイキリ始めた…!)僕の人生は24歳というマジで笑えない段階に突入している。ほんとにほんとに何もかもが一瞬で過ぎ去っていく中で、楽しかったこと、経験したことが何も無かったかのように記憶から薄れていくのがたまらん嫌だった。その時何を感じたのか、その時体験したものは何だったのか。備忘録とか日記とか何でもいいけど残して、今の自分にプラスしていきたいってワケ。以上!意識高い系?うるせー批判するやつ早く人生終われ。

 

…とこんな感じ。既に色んなテーマが入り乱れてるからまたどこかで改めて書きたい。

つまり…

この個人ブログは主に以下についてゆるりと書いていきたいと思う。

 

・趣味(イラスト・アニメ・ゲーム・本・映画・登山etc…)

・思想(仕事・世間・人生観・価値観などなど幅広く…)

・体験談(趣味や旅行や、運命のいたずらとか…)

 

とりあえずこんな感じでこれから自己満足に書いていきます。

半分色んな人に見てもらいたい、と思うし半分ただの自己満足でもある。

これから先どうなるかわからないけど、誰か1人でも見てくれるなら続けているでしょう。(ほんとのほんとに反応0は人権無いも一緒だからね…つらい)

いきなり長々と書いてしまったが、ブログについてはマジで初心者なんで、今書いてるこの文章がどんな感じで表示されるのかも良くわかってない。

 

以上です。自己紹介についてはまた改めてどこかで。

読んで下さりありがとうございます。これからよろしくお願いします。