輝きの彼方

twiiterでは表しきれない、自身の素直な気持ちを書き殴っています。自分の足跡を、経験した事を形として残し、自分の人生が最高だったと思えるように。

FGO7章 最高でした

・はじめに
去年の11月、友人にFGO勧められた時はまさかこんなに心揺さぶるほど面白いとは思わなかった。テンションが高まってる内に、余韻に浸っている内にこの気持ちを書き殴りたい。尚、常々申し上げておりますが、半分自己満足と勢いで書いてるので文章が滅茶苦茶な時があります。ご了承ください。
・絶対魔獣戦線 バビロニア
皆大好き、ギル様が特異点の中心人物であるストーリー。章毎に苛烈さを増してくFGOだけど、最初からクライマックスみたいな勢いだった。大雑把に要約すると迫りくる魔獣から町を守れ!ってスタンスだけど、圧倒的戦力差の中で奮闘するギルガメッシュ陣営と女神VSティアマトとの闘いは、「まだあるのか!まだ倒せないのか!」って感じのどんでん返しの連続で、止まる事が出来ずに最後の方は5時間くらいぶっ続けでプレイしていた。良い休日の過ごし方だった。6章がドラマ的楽しさなら、7章はドキュメンタリー的な楽しさだった。
…章の最初から振り返るとありえん長さになるのでいきなりクライマックスから書く
・クライマックス~ティアマト出現~
FGOのネタバレ全くと言っていいほど食らってなかったからこそ、「超・ラスボス」って感じのティアマトは現れただけでめっちゃ興奮した。グラブルだと1ターンキルだけどね)
そして、ラフムと黒い海に覆われていく世界…。

f:id:kanatawave:20170730144017p:plain

f:id:kanatawave:20170730231223p:plain

f:id:kanatawave:20170730231302p:plain
この絶望感ウルク・・・!ウルーーーーク!!!ってどこかの金色のガ●●●で叫んでそうな風の呪文を唱えつつ、先へ。
FGOのステージが状況に応じて変化していくのすごく凝ってて好き。

三女神やアナ(ゴルゴーン)があの手この手を尽くしてなんとか、なんとかティアマトを止めようとするんだけど歯が立たず、マシュだけでなく自分も戦意が失せるよこれ…。

f:id:kanatawave:20170730232007p:plain

↑そして私の綺麗なだけの花…。いや、めっちゃ助かりました回復4000…。

本当に本当に色んなキャラの色んな力で協力していってる感じ堪らん…。まさかこのキャラが絡むワケないだろ…ってくらい、個性が強い一人一人が最後に集結する群像劇…ほんとに御馳走さまです。めっちゃおいしいです。ありがとうございます。

・ラストバトル

そして、主人公たちの尽力により生き残ったウルク市民500人も、とうとう8人になり、ついにはギル様1人に…。zeroのギル様が個人的に一番印象にあるから、絶対的な差の前に寧ろ飄々としている今回のギル様を見てるとほんとにつらい…。しかも、「あの」ギル様がティアマトのビーム攻撃から主人公をかばい…。

f:id:kanatawave:20170730232939p:plain

うわああああああああああああああ!!

打ってくれ、王の号砲打ってくれ!!!(もう打ったわボケbyギルガメッシュ

惚れた。完全に惚れた。カッコよすぎるなんだよこれ反則だろ…。まさしくウルクに最後、仁王立ちするギル様が絵になりすぎてて…。周囲の大量のラフムに微塵も意に介さない所もほんとに素敵。

(僕もこんな絵を描けるように頑張ろう)

でも最後は奮闘するが及ばず、ティアマトにやられてしまう。文章描写では直接描かれなかった。見たいような見たくないような見たいような…。

ぜってええええティアマト倒すぞオラァ!って気概でVSティアマト戦

f:id:kanatawave:20170730234008p:plain

 

f:id:kanatawave:20170730234044p:plain

f:id:kanatawave:20170730234110p:plain

終戦はFFを思わせる、巨大な敵を部分部分で倒していくスタイルで、これまたテンション上がった。

ナイチンゲールが!マシュが!マリーが!皆が宝具をぶっ放し、皆長い付き合いのメンツだから1戦闘だけでドラマになっててもう…。そして、やはりくると思った「英雄王ギルガメッシュ」。あの傲慢な王様がこれ程カッコいいとは思わなかった。セリフもストーリーに合わせてくれてて臨場感もアップ。本戦では実は真っ先に落ちたけど、「手柄をくれてやろう」って感じで後退したんだ勝手に妄想してました。トドメはナイチンゲールのバスター。実際に7章にナイチンゲールがいたらあまりの悲惨さに、無情さに本気でブチ切れてたと思う…。

・終わりに

f:id:kanatawave:20170730234942p:plain

 

とにかく!めちゃくちゃ楽しい!!

冒頭でも述べたけど、ここまで面白いって本当に思わなかった。ゲームをやるやらないは人の勝手だけど、もしちょっとでも興味あるなら絶対FGOのストーリーだけは読んでほしい。絶対後悔なんて無いし、やってよかったって心の底から思う。最終戦を前に、自分もなぜ2016年12月にやっていなかったんだろうって凄く後悔してる。

(絶対最終章泣く自信がある…。)

とりあえずこんな感じだろうか。自分があの時の感動を忘れたくないが為だけに書き散らしたけど、途中から一目を気にした書き方になってたような気がして、やっぱもっと自己満足度アップで次から書いてこうと思いました。

明日仕事か…。

 

 

とりあえず今日はここまで。のんびりじっくりと、ソロモンで戦ってきます。

 

 

マリー可愛いよマリー。