輝きの彼方

twiiterでは表しきれない、自身の素直な気持ちを書き殴っています。自分の足跡を、経験した事を形として残し、自分の人生が最高だったと思えるように。

河口湖に行ってきた

・きっかけ

・BBQ

鳴沢氷穴

・樹海

・終わり

 

 ●きっかけ

始まりは禁断のダブルブッキングだった。

去年、会社の気の合うメンツと集まって富士山に登った。その繋がりで今年も出かける事になったのだが、仕事とか色々忙しくて日程を確認せずポチポチLINEを返していた。

結果。

・7/22 7/23 河口湖&BBQ

・7/23 夏コミ 合同本原稿提出締切日

・7/24 仕事

・・・・・・俺ってリア充

 

(なれるものなら、なりたかった・・・・)

実際、原稿の進捗が15%未満位で目は血走っていた・・・ような気がする

 

行ってきたのはもう一週間も前だけど、案の定記憶が薄れてきて「何か楽しかった」以外の感想が無くなってきてしまっている。せっかくリア充らしいことをしたのだ。自分に蓄積していかなくてどうする。…というわけで行ってきた場所をメモ程度に。あんまり旅レポとか上手くできる自信無いしな。アイカツスターズ実況なら自信あるけど多分見た人俺の事ブロックする自信がある。

 ●BBQ

 ログハウスを借りて外でBBQ。晴れてたら真正面に富士山が見える。ビール片手に談笑しながら肉を食らいつくす…。最高だ。(原稿終わってない事以外)最高だ…!

(この後全てを忘れるかのようにビールを飲みまくり、BBQの最中に潰れた)

 BBQとなるといつも迷うのが食材。意外と難しくて、適当に選ぶと後で「あれが足りなかった」「多すぎた」なんてことが良くある。BBQ経験無い俺がお勧めしたいファインプレーした食材はマシュマロだった。今まで焼きマシュマロを食べたことが無く、「砂糖の味がするだけじゃね?」と思ってた。けど半信半疑で串に刺して焼いてみたところ、めちゃくちゃうまい。外はカリカリ、中はふわふわ~のよくある謳い文句だけどほんとにうまい。マシュマロ本来の味もしっかりする。BBQって肉とか野菜しか基本無いからこそ、マシュマロの甘さが口直しやちょっと一息って感じでめっちゃ役立った。今度機会あったら絶対忘れないようにしよう。

(マシュマロ…焼きマシュマロってなんかエロくね?…焼きマシュマロ…焼きマシュマロ虹野ゆめ… )

酔って完全に潰れた後、何をトチ狂ったか、部屋で恋ダンスの練習をしていた…。誰が一番上手く踊れるか~みたいなやつである。とりあえず初見でやってみたけど、逃げ恥見てるのとそうじゃないのはやっぱり差がつく。リア充はやっぱりオタクに対して属性相性が良い。くそ、せめてアイカツだったら…。疲れたし諦めようかと思ったとき、後輩オタクの一言。

「先輩、そんなんじゃアイドルになれませんよ」

我再起。絶対手中完璧恋踊。

誰がなんと言おうと心の中でアイドルを目指してる俺にその言葉はホント効く。

その後、酒が抜けきらないまま無我夢中で練習し、(ようつべの反転低速練習用動画を参考にした)結果、踊ったメンツのなかでは一番まともだったらしい。低速でもめちゃんこ難しかったけどね。楽しかったよ!気付けば恋するフォーチュンクッキーも踊ってて、疲れ果てて35話のゆめちゃんの如く意識を失った。

 

(次はPOPCORN DREAMINGかスタートラインかな…)

 

真面目な話、ダンスめちゃくちゃ楽しい。大学の時ダンスサークル(笑)とか言ってた自分がほんと恥ずかしい。ダンスを仕事にしたい人生だった…。

 

 ●鳴沢氷穴

鳴沢氷穴 | 富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴 | 富士山・河口湖 洞窟 観光スポット

 端的に言うと鍾乳洞みたいな感じ。氷柱の代わりにレンガ状の氷が洞窟の中に沢山ある。どうやら昔の人が天然の冷蔵庫代わりとして使ってたらしい。オタクだけどたまに出かけた時しか味わえない非日常大好きマンにとってはこのダンジョン感が堪らなく楽しかった。しかも真夏なのにとても涼しい。ってか寒い。暗くて写真を上手く撮れなかったのが残念だった。後短い。(距離が)

 ●樹海

鳴沢氷穴とかその辺り、どうやらあの有名な樹海ってやつがすぐ側にある。カナタWAVEは大変樹海に興味ある。(自殺したいわけではない。…そんなわけでは…)

元々樹海とか心霊スポットとか地図に無い村とか、そういうのめちゃくちゃ興味あって、よく深夜にネットサーフィンしてる。怖いの嫌いだしひとりで樹海とか絶対無理だけど怖いもの見たさってやつ。

実際中に入る事は無かったけど、なんとなく普通の森とは違う感じがした。最近は分からんけど、やっぱり自殺の名所ってのは事実で、「樹海のおとしもの」なんてサイト見るとやべーよやべーよってなる。(閲覧注意)やっぱり迷ったら出られないんだろうか。(実際はコンパスも効くらしいし、道に沿っていれば迷う事は無いらしいんだけど、人が整備したところから外れるからこそ神秘性が満ちて迷うんだなって…)

(間違ってもスーツ着て出勤したところが職場じゃなくて樹海だったってことにはなりたくない…。)

 

 ●終わりに

次の日(日曜日)にはゆっくりと温泉入ったり、ほうとう食べたりしてそれまた出来れば書き残したいんだけど、ちょっと疲れた。1記事につき2000字が限界な気がする。

とにかく、旅行は楽しいし、自分の人生のタスクに「都道府県全制覇する」って加えよう。

 

 

 

・・・旅行後、原稿が終わらずに仕事が始まり、精神的にも肉体的にも追いつめられるのであった…。